”CHU” -Chu Berry and his Stompy Stevedores Cab Calloway Orchestra Teddy Wilson Orchestra–

チューベリー1.jpg”CHU” -Chu Berry and his Stompy Stevedores
Cab Calloway Orchestra
Teddy Wilson Orchestra–

EPIC LG 3124


さーこのシリーズの最後を飾るのがテナーサックス奏者のチュー・ベリーです。

豪快でモダンな表現もできるチューはベリガンと同じ1908年生まれ、そしてなんと1941年不幸にも事故死でこの世を去って行ってしまいました。
当時から名を馳せた名サックス奏者として、年配のJAZZファンから時折話を聞く事があったが、レコードの存在は殆ど知るよしもなかった。

この時代のJAZZを聴いていると当時のアメリカは豊かだったと思ってしまう。そして優れた才能を持った黒人たちが音楽に携わり、白人をよそに音楽界の一翼を担っていました。
音楽でなら白人と対等に、いやそれ以上の事ができる、と。差別は別としても、<良い演奏は良い>と評価できる国であったからJAZZが栄えたと思います。
現代は…JAZZのパワーが落ちたのか、減ってしまったのか、優れた黒人がJAZZの演奏をしなくなったのか、物足りなさを感じるのは私だけでしょうか。
この6枚、1937年〜1941年に記録された音楽と演奏は今でも生き生きとリズムとビートを刻んでくれて、私を楽しませてくれます。
心持ちを素直にうまく再生出れば、ですがね。

さてここは間違いなくBAR。高椅子のしかも上の段に足を掛け、各々の姿勢や佇まいで何かに心を奪われています。なんと仕事を忘れてバーテンダーまでもが…何に?もちろん音楽で、もちろんJAZZであります。
BARでは酒と煙草はつきもの、私は煙草はたしなみませんが、お酒はほどほどに好きであります。
でもBARで一人で飲むなんて事は下町育ちの私にはムリ…もっぱら京成立石で一人飲みです。店には音楽もなく黙々とモツと焼酎をあおってさっと土産を買って帰ります。
だけどそんな帰り道の足取りには、この6枚の音楽が実に合うんです。

道端で猫を見つけるとついしゃがんで手を出し、寄って来ないかと声を掛けしまいます。私ただの猫好きです。以上


ダイナミックオーディオ・トレードセンター店長・厚木 繁伸

広告