”The GREAT PARIS CONCERT” -DUKE ELLINGTON–

”The GREAT PARIS CONCERT” -DUKE ELLINGTON–

ATLANTIC SD2-304

#Happy-Go-Lucky Local


AUDIOファイルの皆様にとっても、再生が難しいLPやCDを何枚かはお持ちではないでしょうか。このアルバムは私にっとての最難関LPの1枚でありました。

若いころ、ベイシーのアルバムからは音楽の楽しさが伝わってくるのですが、エリントンのアルバムでは全然楽しむことができなかった。

エリントンオーケストラは本当に凄い唯一無二のジャズ集団で個々の器楽演奏家の音楽レベルと演奏レベルはジャズ界でもトップレベルであり、そこにさらに個性が加わるのだ。
彼らが一斉にとてつもないエネルギーを放射するのです。またさらに彼らはソリストのバックで伴奏を付ける時には、そのサウンドは真綿のように響き、とても金管楽器群が一斉に鳴っている音とは思えない心持になるのです。AUDIOはこのサウンドの表情の差を再生しなければならないのです。
もちろんその手綱をひき<エリントンサウンド>へと導くのは、オーディオ使いである皆さまであります。

私も大変苦労をしたものです。強大なサウンドエネルギーは時に私を弱気にさせ、075のレベルを下げさせたり、音量を自体を下げさせようと働きかけます。
しかし、そんな弱気な気持ちでは他の音楽にいい影響がある訳がなく、全体に覇気のない生きた音楽にならなくなってしまう。
やはり強気でないと、相手はジャズジャイアンツだからな、と。

自分を可愛がっていてはそれまでの音しか出ないだろう。

今では上手くいくと空気の扉が開くようなサウンドが現れクラクラする時がある。この感じ。だから努力はやめられませんね。

JBLのスピーカーが本領を発揮できればエリントンサウンドの悪魔と天使を気持ちよく表してくれるはずです。
試聴会ではこのアルバム内でも野性味溢れる曲「Happy-Go-Lucky Local」を選びました。キャット・アンダーソンのハイノートトランペットサウンドのバックで、分厚い金管楽器の重奏を聴くことが出来ますが、曲のように幸せな道を歩めたでしょうか。

2枚組のライブアルバムには素敵な演奏とサウンドが散りばめられています。最高に輝かせることが出来るか出来ないか。エリントン楽団は強敵であり最高の友です。

この3枚はビックバンド音楽の雄として100年後いったい誰の手で、どんなサウンドで鳴っているのだろか。


ダイナミックオーディオ・トレードセンター店長・厚木 繁伸

広告