”Maiden Voyage” -Austin Peralta–

ペラルタ

”Maiden Voyage” -Austin Peralta–

八十八 VRCL18831

#SPAIN


これから9枚、昨日行われました第41回マラソン試聴会で私が使いました音源のご紹介をさせて頂きます。

さて、いいジャケットにはいい音楽が入っている。いまはそんなにラッキーな事は滅多に無いものだ。15歳の横顔はいったい何処を、何を見ているのだろう。大人びた表情がなぜか寂しそうに感じるのは私の思い過ごしだろうか。

彼はもうすでにこの世の中にはいない。1990年生まれだというのに。

この一枚はオースティンが15歳の時に録音された初リーダー作品だ。
エイティエイツの伊藤八十八氏に見いだされ最高のリズムセクションが用意されて、やりたい事をやらせてくれたアルバム。

怖いもの知らずや若さや勢いだけの音楽ではない事は、JAZZを聴いてきた方ならピンと感じるのではないでしょうか。
テクニック、アドリブ、スピード、どれを取っても疑問を持たずに音楽が心に入ってくるのが心地いい。
それにもまして驚くのが、とても美しいピアノタッチなのであります。どんなにアドリブのスピードが上がっても荒れることがないのだ。
力任せではなくても底鳴りするオースティンのピアノサウンドは独特の響きを放ち、リスニングルームに存在感をしめします。

15歳のオースティンから、ドラマーのビルが30代、大御所のロン・カーターが70代と親子3代のようなピアノトリオだが、温かく見守る親のような気持ちは微塵もなく、容赦ないインタープレイを繰り広げている。
試聴会で再生した[SPAIN]はスピードとスリルに溢れた演奏でとても気持ちがいい。特に曲のエンディングで坂道を転がるように演奏をする3人がピタッと終わらせるのは圧巻。

機器のバランスがいい時に、思い切ってアンプの音量を上げてこの曲を聴くと目の前にオースティンが生きているように躍動するのだ。
勇気を持って音量を上げた人にだけに得られるかもしれない喜び、快感、満足感。

しかし、もうオースティンの新しい演奏を聴くことはできない。とても残念で悲しくもあるが彼の音楽をその時々で聴き続ける事が賛辞になるのではないでしょうか。
もちろんそれにはAUDIOが、使い手が試される事であると思いますが。

素敵なアルバムを一人でも多くの人に知ってもらいたいのはマニアの常でしょうかね。


ダイナミックオーディオ・トレードセンター店長・厚木 繁伸

広告