”Kenny Dorham Quintet”-Kenny Dorham-

Kドーハム

”Kenny Dorham Quintet”-Kenny Dorham-

debut DLP-9


私の大好きなLPジャケットベスト10の一枚

ブラックをバックに浮かび上がるトランペットを吹くドーハムはとてもスタイリッシュで粋なんです。そして使われている字体がさらにジャケットの雰囲気を盛り上げてくれている。
もちろん閉じ込められている音楽はLPジャケットが持つオーラーを何倍にも高めて心に響きます。

ところが運悪く私はこのアルバムの存在を、曲を聴く前にジャケット写真で見て知ってしまったのです。その時点では国内盤LPも無く、CDにもなっていません。このアルバムを本で目にした時からどうしても欲しい、そして聴きたい、どんな演奏が閉じ込められているのだろうか、と思いは募るばかりでした。

さて、ケニーはスゴ腕のトランぺッターではありません。音は外すし、ビックサウンドでもないし、圧倒的なアドリブが出来るわけでもありません。
しかし「クワイエット・ケニー」のような50年以上聴き続けられている名盤がある事実。
圧倒的な演奏でなくても人の心に残る、心を離さない演奏もあるのだということをケニーは私に教えてくれました。

オリジナル2曲とスタンダードが4曲…中でも「Be My Love」と「I Love You」は私の大好きな曲なんです。
メロディーを伸び伸びと歌い上げるケニーのバックでJimmy Heathのバリトンサックスサウンドがオブリガートしてくると特別で不思議なサウンドになって漂ってくるのだ。
その響きと、このLPジャケットの雰囲気が見事に一致していると私のAUDIOSYSTEMは教えてくれるのです。

JAZZトランペットはクリフォード・ブラウンが最高だけど、ドーハムのこのアルバムもまた最高なのだ。これがJAZZって、もんでしょう。


ダイナミックオーディオ・トレードセンター店長・厚木 繁伸

広告