”EXCITING”-Marc Sadane-

FullSizeRender.jpg

”EXCITING”-Marc Sadane-


デザイン科に通っていた頃。毎週、出される課題の一つに「この世界のどこにも存在しない何かを描く」というものがありました。こういう無理難題の課題って大体裏があって、その意図が何なのかを理解するかどうかで評価が決まるじゃないですか。

そもそも、この世に存在しないものを想像する事って無理だし、逆に言えば、想像できるものは既にこの世にあるものなわけで。いや、もしかしたら、そういう事が出来る人が、エジソンだったり、ジョブズだったりするのかも知れませんが。

僕にはそんな人類の営みを変えてしまうような頭はないわけで、はて、これどうしたものかと一週間悩んだわけです。この世にないものだから、果物や動物はありえない。アメーバや菌なんかもすでにある。ともすれば、目に見えないガスや、気体の何かか?いやいや、それだって存在している。ならば霊的な何かか?そんなものは描けない。だって見たことないもの。

ん?

それが正解か?

意識や意志はこの世界に絶対的に存在しながら存在しないもの。はてはて、これをどう表現したものか。という事で、提出前日深夜、鼻っ面と上唇の間にポスカを挟んで、ネタが浮かばない
漫画家のような恰好で、悩みながら描いたのが、「人間」でした。

ダビンチの「ウィトゥルウィウス的人間」のような感じの絵。もちろん、あんな崇高なものではありませんが。

で、真夜中にそんな絵を描いて、翌日提出したら、先生にこれが意図するものは何だときかれるわけです。

それは先生が感じ取って下さいと言いましたら、何とも苦々しい顔をしていました。

まぁ…評価は0点でしたけどね。

という事で、何が言いたいかというと、絵や音楽等には、必ずタイトルが付くわけで、タイトルがあるからこそ、なにが伝えたいのか分かり易くなります。

このアルバムのタイトルは「EXCITING」

この爽やかな笑顔から始まるエキサイトを想像するだけで、ワクワクが止まりません。


ダイナミックオーディオ5555 4F・天野 洋介

広告