”COOKIN’”-Miles Davis-

MD1

”COOKIN’”-Miles Davis-

PR7094


生まれて初めて買ったJAZZLP。

きっかけはもちろん映画「死刑台のエレベター」であり、マイルスの別なLPも聴いてみたいという思いからだった。

レコードにVMS-20Eの針を下した瞬間から、このアルバムが持つ雰囲気やサウンドは私にJAZZとはこういう音楽であるという事を強く印象付けしてくれたのです。
そして、このアルバムでコルトレーンやチェンバースなどの素敵なサイドメン達を知る事となりました。

事件とは突然におこるものです。
このアルバムを自作の長岡式バックロードホーン(FP-203入り)で4年間聴き続け、ダイナに入社しJBL S8Rを使うようになり更に4年が経とうとしていた頃のことです。
同僚のY氏が私のAUDIOSYSTEMサウンドを聴きに来たのです。私はこのアルバムの中から名演「マイ・ファニーバレンタイン」を再生した時に事件は起きました。
Y氏が一言

「ポール・チェンバースのベースサウンドはこんなもんじゃない」

私はこの一言に「???」
しかし確かに私はチェンバースのBASSサウンドがどのようなモノであるかなど想像したことも無かったのです。
おまけにY氏は

「こいうBASSサウンドを”ペンペンベース”っていうんだ」

とも言い放ちました。

我ながら賢明だったのは、その言葉に腐らずに「こんなもんじゃない」を10年間考えイメージした事。ウッドベースってどんな風にサウンドするんだろう。スピーカーを前にしてイメージしたり、通勤中の考えたりしたもんだ。

ウッドベースのサウンドは私のAUDIOサウンドの原点であり、常に意識して聴く楽器であります。素敵なベーシストは、レイ・ブラウン。ダグ・ワトキンス。チャールス・ミンガス。などなど。ジミー・ブラントンなんてベーシスト聴いたことありますか。凄すぎて呆れてしまうほど、とてもありがたいと思えるサウンドなんですよ。
彼らがスピーカーの中央上下一直線にサウンドする。スピーカーの左右のバランスが完璧でなければならない。

趣味は個人的な自由な楽しみかもしれない。でも私には「俺の音楽はこんなもんじゃない」と演奏家たちの声が聞こえてくるんだ。

あの時のY氏の一言が無ければ、私の音はいまも演奏家不在の独りよがりのAUDIOサウンドであっただろう。感謝。


ダイナミックオーディオ・トレードセンター店長・厚木 繁伸

広告