”Jelly Tones”-Ken Ishii-

kenishii.jpg

”Jelly Tones”-Ken Ishii-

RS 95065


90年代当時世界最高のテクノレーベルだったベルギーの名門R&Sから突如出現した日本人。

その登場の仕方からして、やたらめったらカッコよかった。

”海外で評価された日本人だからすごい”ということではない。当時のテクノという音楽には、作った奴がナニ人か、とかいうことよりも、単純にサウンドに対するリスナーの好奇心の方が上回っていて、結果的に発信者の人種やそれぞれが帰属する文化に対するネガティブな偏見のない開放的な気風があった。そういうところを愛していたし、そういう土俵にちゃん日本人がいることが誇らしかった。

このアルバムをきっかけに、最高のアニメーター森本晃司の名前を覚えた人も多いはず。ビジュアルイメージと相まって映画一本分の妄想を見せてくれます。


ダイナミックオーディオ企画室・佐藤 泰地

広告